RSS 2.0 ATOM 1.0

これから山歩きをはじめたいという人を応援します!
初心者でも楽しめるツアー満載のハイキング・ポータルサイト
国内の登山・ハイキングツアーをご紹介!

ハイキング大作戦 国内の登山・ハイキングツアーをご紹介
初心者から楽しめる山旅<br />ハイキング大作戦
HOME 会社概要

トレッキング専門の旅行会社ユーロ・スポーツが運営する登山・ハイキングツアーの検索サイトです。

山歩き専門スタッフがツアー参加までお手伝い!
ご予約・お問合わせはこちらのサイトから。オンライン予約・決済可能。もちろん電話でもOK。

パンフレットで探すより断然早く目的のツアーがすぐに見つかる!
経験や技術が必要な上級者コースやグループで行く山歩きやガイド手配、オーダーメイドツアーは、お電話又は専用フォーム よりお問合せください。
Visa Master
電話 06-6377-1060
掲載提携会社
出発地
目的地:
目的地域:
ホテル:
出発日
キーワード
日数
テーマ:
添乗員:
旅行代金: 円以上 円未満

山歩き初心者の方を対象に、 ツアーに参加する上で、山歩きに必要なコツを説明します。

 


最初から一人で山を歩くことはお勧めしません。 山歩きに興味があるのだけど、一緒に山を歩く友達がそばにいないときに便利なのが、 日帰りハイキングからの募集ツアーです。
行ってみると、山歩きの大好きな方たちが多く参加しています。 一人参加の方も多く、山歩きのベテランさんもいらっしゃるので、 参加されている方たちとお話をすると、山歩きの勉強ができます!

 


代替品ではなく、必ずそろえて欲しいのが、【ザック】と【靴】と【レインウェア】。
登山専門店に行ってお店の人のおすすめを聞くといいでしょう。専門家と相談して、後悔しないツールを選びましょう!

【ザック】(リックサック)

大きさは、日程・用途によって使い分けが必要です。
日帰りツアーでは、レインウェア・水筒・着替え・お弁当が入る程度で20リットルから30リットルがくらいを目安にして。(ザックのタイプにより収納はそれぞれちがうのであくまでも目安とします)
疲れにくい、調整ベルトがついているタイプのザックをおすすめします。

【靴】

靴は、足を守る重要装備品!時間をかけて自分にあったサイズを選びましょう。
スニーカーで山へ行く!なんて邪道です!  しっかり専門店の人に、靴を合わせてもらって、足首をホールドしてくれるタイプのものを選びましょう。靴が大きいと靴ずれの原因になります。
山には、岩や石がゴロゴロ不安定な道がたくさんあります。 登山靴は、すべりにくいソールを持っているので、足首やつま先をまもり、足場の悪い道からのショックを軽減します。

【レインウェア】

レインウェアは、どんなに天気予報で今日一日晴れるとわかっていても必ず持っていきましょう!
雨の日ばかりではなく、防寒着として利用できるので便利です。
購入の際は、防水、撥水にに優れた上下別になっているセパレートタイプを選びましょう。
ポンチョは、動きを妨げ、岩や枝などにひっかかるとケガの原因になります。

 


歩き始めて汗をかいたときや、休憩してて寒いなっと思ったときは、面倒がらずに、衣服の着脱をしましょう。
ウェアはレイヤード(重ね着)が基本です。薄くいフリースやセーター、レインウェアなどで調節しましょう

★ウェアのレイヤード(重ね着)について

ウェアの着脱で行動時の体温調節をまめにということを説明しましたが、じゃぁどんなウェアを着たら(もっていったら)いいの?っということですが、ウェアをむやみにたくさん持つというのではなく、アンダーウェア、ミドルウェア、アウターなどの組み合わせを基本としましょう。

(アンダーウェア)
 綿100%のものは× 綿以外のポリエステル素材のTシャツやウールのものでぬれた状態でも体を冷やさない、
 乾きやすく保温性のあるものを選びましょう。

(ミドルウェア) うす手のフリースが便利

(アウター) 風が強いときなど暖気を逃さないような薄いダウンやゴアテックス素材のレインウェアが便利

(※)風速1mで体が感じる温度は1度下がります。風だけでなく雨や雪まじりでウエアがぬれたまま行動すると、
さらに体温を下げてしまいます。最近のレインウェアは、防水、防風に優れた素材なのでアウターとして利用できるので、必ず晴れた日でも持って行きましょう。

 

 


のどがカラカラで水やお茶をがぶ飲みすると、バテてしまって歩くのが大変です。 おなかがすきすぎても同じこと。
のどがカラカラ、おなかがすいてヘトヘト。。。っとなる前に、水分やエネルギー補給で行動食をこまめにとりましょう。行動食は、飴やチョコレートなど、一口サイズのおにぎりなどがおススメです!

 


日ごろのトレーニングで脚力をアップ! なんとなく登れそうな低い山でも意外と日ごろ使わない筋肉を使います。
登山経験がほとんどない人が、運動不足のまま山を歩くと、かなりハードで楽しくありません。
一緒に歩いている人と話ができるくらいの余裕が持てるよう、日ごろから脚力、心配機能を鍛えておくと快適に山歩きが楽しめます。